ピノコニーのグランドホテル

ピノコニーのグランドホテル
ピノコニーのグランドホテル名詞ピノコニーのグランドホテル
レア度RaritystrRaritystrRaritystrRaritystrRaritystr
タイプ遺物,
獲得方法「模擬宇宙・第八世界」の没入装置で交換
「階差宇宙」オーナメント抽出
遺物セット
夢の地ピノコニー
夢の地ピノコニー
セット効果2件: 装備キャラのEP回復効率+5%。パーティ中の装備キャラと同じ属性の味方の与ダメージ+10%
レベルMAX15
ストーリー次元界の中に封装されているのは、ピノコニーの主要部分——ホテル・レバリー。ここに宿泊するゲストは夢の世界を訪れ、どんな願いも叶えてくれる大都会で贅沢三昧の宴を楽しむことができる。

目次
ステータス
Gallery
ストーリー

ステータス

+15
基礎ステータス
Class HP
43.2%
Class 攻撃力
43.2%
Class 防御力
54%
Class 物理属性ダメージ
38.88%
Class 炎属性ダメージ
38.88%
Class 氷属性ダメージ
38.88%
Class 雷属性ダメージ
38.88%
Class 風属性ダメージ
38.88%
Class 量子属性ダメージ
38.88%
Class 虚数属性ダメージ
38.88%
サブステータス
Class HP
203.22 ~ 228.62 ~ 254.03
Class 攻撃力
101.61 ~ 114.31 ~ 127.01
Class 防御力
101.61 ~ 114.31 ~ 127.01
Class HP
20.74% ~ 23.33% ~ 25.92%
Class 攻撃力
20.74% ~ 23.33% ~ 25.92%
Class 防御力
25.92% ~ 29.16% ~ 32.4%
Class 速度
12 ~ 13.8 ~ 15.6
Class 会心率
15.55% ~ 17.5% ~ 19.44%
Class 会心ダメージ
31.1% ~ 34.99% ~ 38.88%
Class 効果命中
20.74% ~ 23.33% ~ 25.92%
Class 効果抵抗
20.74% ~ 23.33% ~ 25.92%
Class 撃破特効
31.1% ~ 34.99% ~ 38.88%

ストーリー

整然と並んだ給仕たちは笑顔で頭を下げ、音楽と共に朗らかな声で来賓を迎えた。「ようこそ、宴の星へ!美しい夢はあなたを歓迎します!」来賓たちは微笑みながら前に進むと、泡の入った飲料を受け取って飲み干した。

すると、景色が次第に光り輝いていき、絹織物に包まれているかのような感覚がしてくる。異邦の客人たちは重力から解き放たれ壁を歩き、奇妙な玩具は命を得て喜びながら町を歩いていた。泉の水は巨大なクジラとなって、広々としたホールを泳いでいる。窓を開けると、遠くに見えるのは群星ではなく、絶えず変化する都市の光、そして巨大な時計と劇場だった。それを見た時、客たちはようやく自分が未だに目覚めておらず、夢の中でピノコニーの本当の姿——時間が止まった夢の地を目の当たりにしていることに気づくのである。

誰もが知っているように、「ファミリー」の管理のもと、ピノコニーの扉は星々に向かって開かれている。現実を超越した経験をするため、インスピレーションを刺激するため、憂いや傷跡を癒すため——次々と訪れる賓客たちは、苦痛と引き換えに安寧を得るのだ。ある人は美酒を飲み、夢の海を気ままに歩いた。ある人はここで忘れられない休暇を過ごし、満足して帰っていった。またある人は歌と舞に夢中になり、ここに定住すると決めた。星が取り巻くホテルは夢織りの珠玉、夢造りの国で、夢追いの楽土である。

しかし、埋もれた歴史を知る賓客は少ない。夢境を織りなす糸は現実で作られている。今日のピノコニーのビロードのような軽やかな贅沢は、塩辛い錆、重々しい手枷と足枷、そして剥奪された自由から生まれているのだ。かつて、宴の星はカンパニーの牢獄だった。数え切れないほどの囚人がここに移され、ガーデンのために溢れる憶泡の引き上げに従事した。人々は体が鉛のように重く、魂が泡のように軽く擦り減るまで、終わりのない過酷な労働を繰り返していた。いつからか狭い独房は現実から切り離され、人々の意識は夢の中で繋がるようになった。真夜中の鐘が鳴り響く中、一緒に見ている夢は真実味を帯び、現実は偽りのようになっていく。

「壊滅」がカンパニーの鎖を切り、「開拓」が辺境と星々を結び付け、招待に応じてやって来た「調和」が平和の種子を撒く。自由はついに芽生え、最初の夢に名前を付けた——「ピノコニー」という名前を。

今や荒れ果てた牢獄の跡はどこにもない。夢境の中ではいくつもの高いビルが建ち、砂漠は再開発され、大都市は——夢を追う者が富のチャンスを求める新大陸に、楽しさを求める者が道楽の限りを尽くせるユートピアになった。「宴の星」の過去は偶然にも棚の下に滑り込んだ写真のように、確かに存在してはいるが、誰も知らないものとなった。

今、夢の地には歓喜の歌が響き、過去の雑音は面白い閑話になり、ある喜劇の幕間に、あるアニメのメイキングに、そして雑誌の隅に静かに残されている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

TopButton